経営コンサルタントが寿司屋独立ネタ安さや資金など解説【寿司屋独立.com】

個人のお寿司屋さんを開業する場合に必要な費用とはいくらなのか?

例え個人経営の小さなお寿司屋さんでも、開業するとなるとそれなりの開業資金が必要になります。

飲食店を開業するにあたり、色々調べた結果、個人経営でどんなに小さいお寿司屋さんであっても1000万円から1500万円はかかるという事が様々な書籍やネットなどでも書かれています。

 

初期費用は500万円はかかる

しかし、色々な先輩方から話を聞いてみると、人それぞれで全く必要資金が違うようにも思います。
私がお店を始めるのにかかった初期投資は大体500万円程です。それは東京の郊外だからかもしれません。

もし、首都圏でお寿司屋さんを開業するとなると、もっとかかると思います。

ですが、ひとそれぞれにやりたい形や場所、広さやどうしても譲れないこだわりなどがあるでしょうから、お寿司屋さんの開業資金にかかってくる資金もおのずと増減し変わってくると思います。

 

自己資金をどの道用意できなければ厳しい

個人経営の小さなお寿司屋さんを開業するといっても、土地によっては値段が変わって来るため、いくらあれば絶対に開業出来るという事は言えないです。

とは言っても、自己資金がそれなりに用意出来なくては銀行の融資も厳しいでしょう。そのそれないというのも人それぞれなのでいくらとは明確には言えません。

ですが、銀行にこう話すとします。

あなた「お金を借りる時にお寿司屋さんの開業を考えているのですが、お金を貸して貰えませんか。全く貯金はありません。」
というのであれば、金融機関をはじめ、親や親戚でもそう簡単に貸しては貰えません。銀行もビジネスのため回収できる見込みがなければ貸してはくれません。

ですので、ある程度開業するにあたって貯金をしておく事が重要です。
借りる開業するにあたって最低でも500万円位は必要だと考えてください。

これは、サラリーマンの一年分から2年分ほどの年収と思っておいたらいいでしょう。
こだわりが大きかったり、東京や大阪、首都圏などでの開業の場合は、もっとたくさんの開業資金が必要となります。